違う色の洋服にチャレンジ

PR| キャッチコピーが浮かばない信頼と実績の経営コンサルタントならお手入れ簡単!プロ級の仕上がりのガラスコーティング都内青山の上質なシェアオフィスガレージのある注文住宅なら |

毎日同じような洋服をきて、出勤をしています。そのことは、つい自分が選んでしまう色の洋服となっているのです。それは当たり前の事ですね。色彩心理学から見ても、自分が気持ちを落ち着ける色、似合う色として選ぶんことは当然のことなのです。しかしその色ばかりでは、ちょっと面白くないと思うこともありませんか?違う色の洋服もきて見たいと思っているのです。しかし自分に似合う色というのが、正直なところわからないのです。そんな時、自分に似合う色がもっとあるかもしれないと思って、チャレンジをすることにしました。その時、私がとった行動についてご紹介します。

・鏡の前でいろいろな洋服を着る
自分が持っている洋服について、まず鏡の前で着ることにしました。その時、これは似合うかもと思えるものもあったのです。それはずいぶん前に買ったモノですが、自分には似合わないと思って新品のまま一度もきていない洋服でした。ところが、時期が変われば自分の気持ちも変わりきてみたくなるんですね。しかも年を取ると、似合うこともあるのです。自分がその年になると、こんな色も似合うようになると再発見した事でした。そんなこともあるんですね。

・試着を必ずする
以前は、インターネットで買うことが多くその時の色を見ていいと思って買うことが多かったのです。ところが、やっぱり実際に見るとちょっと違うと思うこともありますね。まず写真で見る色と違うと思う事があるのです。その色を見た時に、愕然としてしまうことも。そんなもったいないことをしないためにも、必ず店舗のある店で洋服を探して試着をして自分にあっている色なのか見ることにしています。

・店員さんにアドバイスしてもらう
案外と自分が似合うと思う色と、ほかの人が見た時に違う印象になっていることがあると思いました。それは友人にあった時に自分では全くにあっていないと思う色を、ベタ褒めしていたことからです。そのため、店員さんにアドバイスを受けることも一つかなと思っています。

PR|童話|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|サプリメント|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|